借金返せない

借金返せない!※債務整理の無料相談で200万が0円になりました

借金の支払いがきつい・・・。毎月の支払いが厳しいと感じたら早めに弁護士か司法書士への相談しましょう。500万円を50万円に減額した例なども沢山あります。

借金返せないなら早めに債務整理の相談するべき

借金返せないと感じたら早めに無料相談すること

 

借金を抱えていて支払いが厳しく、返済が困難であると感じるあなたは、おそらく多重債務に陥っている事でしょう。

 

毎月の支払日に返済できない場合、新たに借り入れをして返済に充てる様になりますが、こういった多重債務になると収入が増える見込みが無ければドンドン借金が増えていく傾向にあります。

 

借金地獄に陥ると、リボ払いの借り入れも増える傾向にあるので、こうなるとなおさら大変です。

 

リボ払いは金利が高く設定されているので、毎月必至になって返済しても元金がナカナカ減ってくれず、返済完了までとても長く掛かってしまうからです。

 

毎月返済する事だけで必死な状態ですから、給料が入ってもすぐに支払いに消えてしまい、生活費もままなりませんし、冠婚葬祭などで出費が増えてしまう月などがあれば更に借り入れを増やす必要が出てきます。

 

こういう状態になってしまったら、一人で悩みを抱え込まずに、まずは弁護士や司法書士への無料相談する事が非常に重要です。

 

年収や家族構成などを含めた現在の状況から、最も良いであろう借金の解決方法を提案してもらうことができるからです。

 

債務整理できない条件とは?

 

債務整理の手続きの種類はいくつかありますが、その中には利用するための条件が定められている場合があります。

そして実際に利用する手続きを選択する場合において、自分が利用することができる条件を満たしているかどうかを確認することが大切であると言えます。

 

債務整理の種類

 

債務整理には主に次の3つの手続きがあります。

 

任意整理

 

任意整理とは裁判所を利用しないで、債権者と債務者が直接交渉をして今後の借金の返済する額や返済方法を決めていく手続きです。

 

個人再生

 

個人再生とは裁判所に申立をして、一定の限度額まで借金を減額してもらい、今後どのように返済をしていくかを計画した再生計画案に従って、原則3年の間、分割して返済をしていくという手続きです。

 

自己破産

 

自己破産とは裁判所に申立をして借金を免除してもらう手続きで、基本的に自分が所有している財産を提供しなければなりません。

この他任意整理と同じような方法で裁判所を利用して行う特定調停の手続きがあります。

 

債務整理できないことはあるの?

 

上記の債務整理の手続きの方法の中でも利用できる場合と利用できない場合があります。
そこでどのような場合に利用することができないのでしょうか?

 

任意整理できない場合

任意整理は特に利用するための条件がないので、どのような借金でも手続きを利用することが可能です。
しかしあえて利用できない条件を述べるのであれば、この手続きは債権者と話がまとまらないと手続きを完了できないので、債権者との合意になかなか至らない場合です。
特に3年間の間で分割返済をすることができない場合はかなり難しくなってくると言えます。

 

個人再生できない場合

個人再生を利用するためには継続的な収入を得ていることと無担保の借金が5000万円以下であることが要求されています。そのためこの条件を満たさない人は利用することができません。

 

自己破産できない場合

自己破産を利用するための条件として支払不能に陥っているということと、申立から7年の間に免責を受けたこと、ギャンブルや浪費が原因で借金をしたなどの免責不許可事由に該当しないことがあげられます。
そのため上記の条件に該当する場合は利用できないということになります。

 

最近の投稿
カテゴリー
メタ情報