事業失敗 債務整理

借金返せない!※債務整理の無料相談で200万が0円になりました

借金の支払いがきつい・・・。毎月の支払いが厳しいと感じたら早めに弁護士か司法書士への相談しましょう。500万円を50万円に減額した例なども沢山あります。

事業で失敗したら債務整理できる?

読了までの目安時間:約 3分

事業をする場合には資金が必要となってくるので、借金をすることも少なくないのですが、事業があまりうまくいかないくて借金が多くなってしまった場合は債務整理の手続きをして解決を図ろうと考える人も多いです。

 

そこでもし事業で失敗をしたら債務整理できるのでしょうか?

 

個人の債務整理の手続きとの違い

 

事業で失敗をしてしまった場合において、債務整理の手続きをすることができるのかというと個人の場合と同様に可能です。

 

しかし個人の場合とは違い、このような場合は自分と自分が事業をしている法人の両方の債務整理の手続きをする必要があるということです。

 

また法人の債務整理の手続きは個人の場合とは違い、任意整理よりも再生手続きをして解決をはかっていくことが多いです。

 

 

個人事業主と会社の場合の違い

 

事業をするといっても個人で事業をしている人もいれば、会社を作って事業をしている人もいます。

 

そこで個人事業主と会社の場合の債務整理の手続きの違いとしてどのようなものがあるのかというと前者の場合は自分の名義で契約をしているので、手続きの対象となるのも当然自分となります。

 

これに対して、会社を作って事業をしている場合は会社の名義で契約をしているので、借金をしているのは会社となります。そのため手続きの対象となるのは会社ということになります。

 

しかし会社が借り入れをする場合は基本的にその代表取締役が連帯保証人となるので、自分も会社と同様に手続きの対象となります。

 

再生手続きや破産手続きを利用する場合

 

個人事業主や会社が再生手続きや破産手続きを利用する場合においてですが、まず個人事業主の場合は基本的に個人の場合と同じになります。

 

しかし破産の場合においては事業をしている場合は基本的に管財事件になるので、手続きは長期化し、より多くの費用が必要になってきます。

 

一方会社の場合は個人再生ではなく、通常の民事再生の手続きを利用することになり、また破産も管財事件となります。

 

また個人事業主でも会社でも破産手続きをするにおいて、帳簿をしっかりつけておかないと免責不許可となる可能性があるので注意が必要です。

 

それから破産手続きの場合は借り入れ用途も免責を受けることができるかどうかの判断で重要になります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メタ情報